北京物美 (ウーマート)
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+ +
+ クニちゃんの週刊中国株情報 +
+ Vol.6 +
+ 2004.12.6 +
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、クニちゃんです。

まずは先週のおさらいです。
先週は上海振華港口機械をお話ししました。
上海振華港口機械の株価は今週激しい動きをしました。
上海振華港口機械の株価は11月26日終値は0.822ドル
12月3日終値は0.768ドルと0.768/0.822=93.4%
すなわち6.6%下がりPERは10.81になりました。
クニちゃんのターゲットプライスである0.8ドルを割りましたので
資金に余裕のある方は購入しても良いレベルであると言えます。

さて今週紹介するのは総合スーパーであります北京物美 (ウーマート)です。
北京物美 (ウーマート)は日本でいうダイエー,イトーヨーカドーと考えてもらって良いです。
2003年売上高は43.49%増,純利益は161%増を達成しております。
また今年の1-6月期中間決算は
売上高(百万元) 1228.77百万言 (前年比 +66.04%)
純利益(百万言) 48.87 (前年比 +55.3%)
で拡大路線を着実に進めております
そんな同社ですが、注目されておりますので株価は
12月3日(金)現在
株価 13.3香港ドル(177.289円;1ドル13.33円と換算)
PER 36.94
という具合でPERをみていただければわかりますが
割高であります。
しかも予想配当は0円です。
しかしながら日本でいうダイエーが拡大路線を続けていた時の状況を
考えると決して高くは無い株価であります。
但しスーパー産業に関しては店舗数が増やせなくなった時は
明らかに株式購入からは撤退した方が良いです。
すなわち拡大路線をし始めた現在が購入時期で、
10年〜20年ぐらいには拡大路線が出来なくなる可能性があります。
また中国では今後スーパー産業に外資がどんどん参入してくる
可能性がありますので、同社の株を購入しても、かならず情報だけは
見ておく必要があります。

目標買い株価: 12香港ドル
目標売り株価(短期,1−2年):16〜20ドル
目標売り株価(中期,3−5年):30〜40ドル


『人の行く道に裏あり花の山』

===================================================================
※今週のひとこと
幕張メッセで開かれたセミコンジャパン2004展示会に行ってきました。
この展示会は主に半導体関連メーカの展示会だそうです。
クニちゃんの業種と関係ありませんが見てきました。
感想は半導体産業はやはり競争が激しいという感じです。
こういったメーカに投資するのはやはり楽ではありませんね。
どれもバフェットの言うコモディティ企業という感じで違いが
わかりませんでした。
単にクニちゃんの知識が無いだけかもしれませんが・・・・・・・・
===================================================================


**********************
やっぱり株が好き

若林史江著   
やっぱり株が好き
**********************

===============================
▼女子高生情報はこちら▼
http://kunichan.gozaru.jp/index.html
===============================
▼配信停止はこちら▼
http://kunichan.gozaru.jp/stockmailmagazime.html
===============================