戦略
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

クニちゃんの週刊中国株情報
Vol.33
2005.6.20
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、クニちゃんです。

友人が上海A株指数が1000ポイントを割ったら
買いだ!という事を言っていました!
それは何故かというと中国政府のプライドとして
上海A株の暫定規格(?)が1000ポイントだからです。
このポイントを割ったら、政府は今まで抑えてきた政策
すなわち『人民元の切り上げ』が行われるかも?という事です。
悪魔でクニちゃんの友人の言葉なので、信頼?しないでください!!!


################################



################################


今週は『戦略』です。
中国株市場の今年の雲行き(アナリスト分析)として
H株はじわりじわり上げる、
本土株はじわりじわり下げる
という事が伝えられております。
もしこれが本当ならば今はH株を購入して
冬当たりに本土株を買うのが妥当でしょう。
しかし・・・
株価の未来は誰にもわかりません。
しかしながら・・・
株価はわかりませんが、会社の財務指標は
トランスリンクが発行している中国株二季報
https://www.translink.co.jp/user/nikiho2005b.html
やサーチナが発行している中国企業情報
http://www.searchina.ne.jp/05sh/index.html
を見れば掲載されています。

これらから自分好みの銘柄を選択する事が第一歩です。
そして一番大事なのは購入時期です。
一般の投資家は
銘柄を決める=銘柄を購入する
という行動に走りがちですが、これは駄目です。

例えば日本市場の電力会社であります東京電力,中部電力などの
電力会社は1年を通して全く値段が変動しない銘柄でしかも配当利回りは
2%前後つくビギナーお勧めの銘柄です。
ここで・・・
株式市場には年に何回かすべての銘柄が下がる日があります。
この時がまさに購入する時です。
中国本土株は政策や噂で株価変動が大きい市場であります。
こういった特性を利用し、すべての銘柄で株価が大きく下げる日に購入
するという習慣をつけてみてはどうでしょうか?


『人の行く道に裏あり花の山』


★====PR======================================================★
今世紀最大最後の投資

★==============================================================★

===============================

▼クニちゃんのホームページはこちら▼
http://kunichan.gozaru.jp/mezase1000man.html

===============================

▼配信停止はこちら▼
http://kunichan.gozaru.jp/stockmailmagazime.html

===============================

●投資は自己責任でお願いします。
なお、このメルマガの内容に関する正当性は保証できませんので、
各自が投資する際はあらためて情報収集お願いします。