華能国際電力(ファネンパワー)(中国株)
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

クニちゃんの週刊中国株情報
Vol.11
2005.1.10
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、クニちゃんです。

まずは先週のおさらいです。
先週は浙江東南発電(広東電力)をお話ししました。
浙江東南発電の株価は12月31日終値は0.53ドル,
1月8日終値は0.577ドルと8%近く上昇しました。
これは昨年度末(2004年12月31日)の深せんB株市場の暴落に引きつられ
8%ほど下落した分を引き戻したに過ぎません。


さて今週のお勧め,紹介する銘柄は華能国際電力(ファネンパワー)です。
2週続けての電力株銘柄です。華能国際電力(ファネンパワー)は
中国株に関する本には必ず紹介されているメジャーな電力株で
ここであえて紹介するまでも無いのではないかと思いますが、
簡単に紹介しておきます。

華能国際電力(ファネンパワー)は中国でも発展著しい
上海を含む沿岸部分の主要な省と都市に電力を供給しており、
同社の今後の計画として年8〜10%の発電容量を増やしていく計画であります。
中国では電力不足が相変わらず続いておりますので、供給過多になる可能性は低く、
また電力価格は増加される可能性の方が高いといわれています。
従って発電容量の増加は当然株価にも反映されるものと思われます。

2004年1-6月期中間決算において同社は
売上高(百万元) 12,963.87 (前年比 23.30%)
純利益(百万言) 2,481.13 (前年比 8.57 %)
という具合です。
石炭,原油価格が上昇したにもかかわらず、
この利益水準をあげているのは非常に良好だと思います。
2003年度の配当は0.5元(6.33円,1元=12.66円と換算)でした。
同社の配当は
2000年,0.22元
2001年,0.30元
2002年,0.34元
といった具合に増加傾向です。
さすがに今年の配当は昨年度ほど出さないと思われますが、
0.3元(3.798円,1元=12.66円と換算)程度は出すのではないかと思われます。
仮に0.3元配当という事になると現在の株価5.6香港ドル(75.32円,1香港ドル=13.45円と換算)
ですので、3.798/75.32=5.04%年利という事になります。



目標買い株価 : 5香港ドル以下
目標売り株価(短期,1−2年) :7〜8香港ドル
目標売り株価(長期,5−10年):13香港ドル

『人の行く道に裏あり花の山』

==================================
       ※ 今週のひとこと ※
クニちゃんは今年、何か1つの事をやりたいと考えております。
皆さんの今年の抱負は何ですか?
『自己投資』が一番簡単で一番難しい投資なのでは無いでしょうか?

===================================================================

==================================
投資は簡単なんです。基本を知りましょう!

投資戦略の発想法(最新版)
↓ 一押し!
投資戦略の発想法最新版
===================================================================




################################
メルマガ紹介

気休めるまが:中国株、縁がある人、縁がない人

株で儲けるには、発展余地が大きい企業に投資することが肝要。
中国は国自体に発展余地が大きく、
中国株にはそのチャンスが多々あるはず。
このめるまがが中国株投資の良ききっかけになりますように。

▼登録はこちら▼
http://pokikin.hp.infoseek.co.jp/work/mail_magazine_b/b_top.htm


################################

===============================

▼クニちゃんのホームページはこちら▼
http://kunichan.gozaru.jp/investment.html

===============================

▼配信停止はこちら▼
http://kunichan.gozaru.jp/stockmailmagazime.html

===============================