×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ダイエット  〜 L−カルニチン 〜

 

L−カルニチンは脂肪の燃焼を手助けしてくれます。
L−カルニチンは体内で合成されているアミノ酸の一種ですが、体脂肪の燃焼と深くかかわっており20歳を過ぎるとその合成量が極端に減ってきます。

だから、年とともに太るのです。

ダイエット先進国のアメリカではL−カルニチンを1日に1000mg摂取する事が薦められています!
(勿論、CoQ10やリポ酸も飲まれています)

体脂肪でお悩みの方はL−カルニチン!

【L−カルニチン1000】★1個から代引き無料!★2個以上で送料無料!4個で1個おまけつき♪ 【L−カルニチン1000】
20歳になったらはじめよう!
【スリミーボディーアミノ】 【スリミーボディーアミノ】
【大人のダイエット】 【大人のダイエット】



【L−カルニチンとは】    

【1】体脂肪は脂肪酸とグリセリンに分解されて『ミトコンドリア』という
  細胞内の器官で脂肪酸がエネルギーに変わります。

  『脂肪酸』がミトコンドリアに取り込まれるときに【Lーカルニチン】が必要なのです。

  【Lーカルニチン】がないと、脂肪酸は『ミトコンドリア』に取り込まれないので、脂肪酸は処理されません。


  ★年齢と共に太ってくるのは、体内の【Lーカルニチン】の量が減ってくるからなのです。だから、【Lーカルニチン】を補って上げないと痩せないのです。


【2】『褐色脂肪細胞』を活性化してくれる【Lーカルニチン】


    ★┃解┃明┃さ┃れ┃ま┃し┃た┃★┃
    ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
        褐┃色┃脂┃肪┃細┃胞┃の┃神┃秘┃
        ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

    ◆◆やせの大食い◆◆???
                 そんな人が本当にいるのです!!

    ???何故かって〜〜〜〜

          〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
          答えは 褐色脂肪細胞の多い人 
          〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●褐色脂肪細胞には『ミトコンドリア』がたくさんあり、脂肪を処理してくれます。
    
 だから、褐色脂肪細胞の多い人は食べても太りづらいのです!

●若い頃は沢山あった褐色脂肪細胞は年齢と共に1/3にまで減少します●


【Lーカルニチン】はこの『褐色脂肪細胞』を活性化してくれます!!


 ★カルニチンは食材ではカツオや羊肉に多く含まれていますが毎日は食べられません。


 ■ダイエットには1日1000mgの【Lーカルニチン】が必要です。

  ダイエット大国のアメリカでは、Lーカルニチンを1日に1000〜2000mg使用して効果を上げています。からだの小さな日本人でもダイエットには1日1000mgは必要と思われます。

 ☆また、【Lーカルニチン】を使用する際にはリポ酸やCoQ10も必ず併用されています。

  ミトコンドリアの働きを高めて基礎代謝を上げてくれるからです。

また「L−カルニチン」,「コエンザイムQ10」,「αリポ酸」を一緒に摂ると体脂肪が燃えやすくなります!

 ☆「あるある」でもαリポ酸がCoQ10をパワーアップして
 エネルギーがより作られやすくなると解説していました!!

  ★2種類別々に飲むよりとてもお得です!★

3月末頃からの順次発送です★  『αリポ酸100+CoQ10 60』代引き無料!2個以上で送料無料!4個... 『αリポ酸100+CoQ10 60』
【L-カルニチン】1こと【CoQ10AAA】1こと【αリポ酸100+CoQ10 60】1この各1こずつの送料無料セ... 【L-カルニチン】
【CoQ10AAA】
【αリポ酸100+CoQ10 60】お買い得セット!.
【燃焼MAX7】2個以上で送料・代引き手数料無料!!3月下旬発送予定です!あなたの脂肪を燃焼さ... 【燃焼MAX7】
アルファリポ酸とコエンザイムQ10で脂肪を燃焼!