×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女子高生に関する記事リンク集


女子高生に関するホームページを集めていきます。本当に大変です。
検索エンジンで【女子高生】と入力して、検索すると、ほとんどが18禁のホームページばかりです!
準じ増やしていきますのでご期待ください。


1.
女子高生のいま風を探る


2.
現役女子高生による本音トーク座談会


3.
『バイラルマーケティング』という言葉をご存知でしょうか?
『バイラルマーケティング』【viral marketing】とは・・・
 口コミによる販売戦略。広告宣伝費が少ないためヒット商品が出た場合の利益がかなり大きい。特に女子高生は全人口率に対する割合が少ないにもかかわらず、バイラルメーケティングのターゲットとなっている。例えば、ミニスカート,ルーズソックスなんかはある意味バイラルマーケティングから生まれたものであると言える。

なお。もっと詳細をしりたい方は
e-wordsにはこのように記述してあります。

読売広告社のホームページに女子高生に関するバイラルマーケティング調査の結果が記載してあります。読みごたえありますよ!
読売広告社 Introduction −なぜ、女子高生

4.
女子高生ミニスカ亡国論
 バブル期にジュリアナというディスコが流行しました。
この時代の女性の主役は女子大生,OLが主体でした。
しかしながらバブル崩壊と共に女子大生,OLは冬の時代に突入し、
そして現れてきたのが、女子高生です。しかもこの時代に女子高生は、
ミニスカ,ルーズソックスという今までに無いファッションを作り出しました。
そしてこのミニスカこそが・・・。
上記ホームページをご参考ください。

5.
ベトナムの女子高生に『ノーパン健康法』が流行

最近、ベトナムでは受験勉強が激化している影響で、ストレス性の便秘が少女たちに蔓延。そんなお通じの悩みを持つ女子高生の1人が「お腹への締め付けをなくせば、便秘が解消するかもしれない」と考え、せめて眠るときだけはノーパンでいようと決意した。

すると、2カ月を過ぎたころから、信じられないほど便通が良くなり、しかも以前から悩んでいた皮膚炎や頭痛まで解消された。この事実を友人らに話すと、あっという間に口コミで広まり、学校中に「珍健康法」が浸透していった。

やがて「睡眠時だけでなく、完全にノーパンにしたほうが、もっと健康になるのではないか」と白いアオザイの下は生まれたままの姿という大胆少女も出現し、これを知った教師らが「はしたない」と激怒。

某名門高校の校長は「ノーパンが体にいいという医学的根拠はない。すぐに
やめなさい」と女子高生らに説教したという。

(ホーチミン在住のベトナム人高校生・ホン・トゥーさんからの報告)

6.
女子高生と20代のヘアスタイル
 2004/10/23-2004/11/01にアンケート集計されたデータです。
このデータから女子高生の茶髪率は減少、シャギー・レイヤー率は増加傾向という結果です。
確かに以前と変わり最近の女子高生は清楚で美しくなったと思います。
しかしロングスカートをはかせたら似合う女子高生がいないように感じます。


トップ アイコントップページへ戻る